手作りのエプロンでお料理を

エプロンは料理をする時に油はねや汚れが衣服に付着しないようにする為の物ですが、今は教育の一環として家庭科の授業で手作りする学校が増えています。
汚れを防げばそれで良いのかもしれませんが、オシャレなエプロンだとそれだけで料理が楽しくなるものです。
作り方はとっても簡単で、まず気に入った柄の布を用意し体に合うように型紙を作っていきます。
そして布を裁断し端を少し折り、ミシンで縫っていきます。
あとは首に掛けるところと背中で結ぶところに紐になる布を縫い付けて終わりです。
布でもいいですが、折り目の中に紐を通すことで多少裁縫の手間が省けます。
手芸の店では手作りエプロンキットという、型紙や布、ポケットが最初からセットになっていう商品もあります。
表に完成図が載っているので完成品のイメージがしやすく、初心者の方にお勧めです。
何度か作って腕が上達してきたら、端にフリルをつけてみたり、子供用を作ったりすると楽しみの幅も広がります。

手作りエプロンで料理を楽しく

料理をするのが好きな人や中には料理が趣味である人も少なくないでしょう。
ちょっとしたお菓子を作るだけでも料理の楽しさは十分味わうことができます。
エプロンも自分の好きなデザインのものを手作りすることでさらに楽しむことができるかも知れません。
エプロンは比較的簡単に作ることができます。
洋服やカバンと比べて材料が少なくて済むうえに手間も少ないので誰でも手軽に作ることができ、簡単なので失敗してもやり直すこともできます。
また、小さなお子さんがいる場合、小学校や幼稚園で必要となることがあります。
手作りしたものを親子で揃えるのも面白いかもしれません。
お子さんと一緒に製作することでお子さんの勉強にもなりますし、わざわざエプロンを買うのではなく自分の気に入ったデザインのものを自分で作ることでより愛着と料理への興味がわくことでしょう。
新学期が始まる前に親子で製作することで親子の絆がよりいっそう深まるかもしれません。

注目サイト

医療用ウィッグの購入を検討する

2018/10/26 更新