エプロンの生地は季節に合わせて

家事をする場合、とても重宝される衣類はエプロンです。
汚れから洋服を守ってくれますし、ポケットがついているので、日常の家事をスムーズに行うことができます。
また、さまざまな生地のエプロンが見受けられますから、季節に合わせて選ぶことをおすすめします。
夏は、風通しがいい上に、汗を十分に吸い取る木綿の生地がおすすめです。
水色やレモンイエローなどのカラーにすれば、涼しげな印象を与えます。
さらに、冬は、ウールなど保温効果の高い生地が最適です。
腰回りをしっかり包むようなデザインならば、冷たい水仕事をしている時も気になりません。
尚、エプロンを購入したいなら、街の店舗ばかりではなく、通信販売によって買い求めることもできます。
カラーやデザインなど、自由に選べますので、ホームページに記載されている写真をじっくり見比べましょう。
価格が明記されていますから、予算内で選べますし、母の日などのギフトにも重宝されています。

デザインによって向き不向きがあるエプロン作成用の木綿等の生地

エプロンを手作りする場合、生地選びが大事になります。
入手しやすさを考慮して、綿素材を中心に挙げていきます。
エプロンドレスのようなフリルやリボンが付いていたり、ギャザーを多く寄せた装飾の多い物を作る場合は、薄手で柔らかい木綿のローンやフレンチガーゼを選ぶと仕上がりが綺麗になります。
シンプルなデザインで耐久性のあるエプロン作成を希望する場合は、ある程度厚みがあり、しっかりとした綾織りの木綿ツイルやデニムが向いています。
炊事よりもガーデニングや戸外での作業に使う場合は、更に厚みのある木綿のオックス生地が向いていますが、かなり厚いので、ミシンを使わないと縫いにくいです。
無地よりも柄物や濃いめの色を選んだ方が、シワや汚れがめだちにくくなります。
木綿以外の素材ではポリエステル生地が、耐久性があり丈夫で向いていると思われます。
手触りや作りやすさを考えると、木綿との混紡が望ましいです。
少々値が張りますが、麻はシワになりやすいのを逆手に取り、最初からシワ加工してある物を使用するとよいでしょう。
丈夫で洗濯をしても乾きやすいです。

Valuable information

Last update:2018/2/2